永久歯に生え変わった頃から、歯並びへのコンプレックスも出てきました。
なんだか少し出っ歯なような気がしてなりませんでした。同じクラスの子も、
矯正歯科に通い始めたと聞き私も母に矯正歯科に行きたいとお願いをしました。

お金が掛かる事だし簡単に良いよと言ってもらえると思わなかったのですが
「女の子だし、やっぱり歯で印象が変わるから私はやった方が良いと思う」と
言ってくれたので、大人になった今では歯並びも良くなり普通に笑う事もできます。

そんなに目立つ出っ歯ではなかったですが、笑ったりすると男子から「さんまさーん」
とからかわれたりした事もあります。私も調子に乗って「そやで」なんて言ってたから
余計に言われていたのだと思いますが、母からしたらとても胸が苦しかったそうです。

子供がこんな事を言われているなら福井から離れて単身赴任している父の所に
行こうかとも思ったそうです。矯正歯科に通い始めてからも男子にからかわれたり
しましたが、中学に入る頃にはキレイな歯並びになると思うとそんな事言えるのも
今のうちだけだぞという思いで辛いとは思いませんでした。父が福井に帰ってくる度に、
歯を見せて前よりも良くなってきているでしょ?と言っていたのを母は涙したことも
あると言っていました。こんなに私の事を思ってくれている両親には本当に感謝しています。

今は仕事の関係で東海地方にいますが、福井にいる両親に会いに月に1回は帰ります。
そんなに来なくても良いと言われるのですが福井が大好きで両親が大好きな私は帰らずに
は入られません。矯正歯科に通わせてくれた事で今のキレイな歯並びを
手に入れる事ができたという話を会社の人に言うと、歯にそんな思い出がある人っていないよ!

と言われます。確かにいないでしょうね。しかし、私の両親も弟も歯並びはすごく
キレイなのに何で私だけが少し出っ歯だったのでしょうか。祖父母も歯並びは良いし
不思議でなりません。小さい頃によく指を吸っている子は出っ歯になりやすいという事は
聞いた事がありますが、母に聞いても指を吸っていたという事もなかったそうです。
一体、何が原因で歯が出てしまったのでしょうか。昔の写真を見て何か原因を
突き止めようと思ったのですが、どれも普通。ポカーンと口が開いている写真が多くて
母に「小さい頃はよく口がポカーンってなってるよと注意したもんだ」と言っていましたが、
これも原因の1つになったりするのでしょうか。

矯正歯科に通い始めてから、友達からよく笑うねと言われるようになりました。
自分ではあまり意識はしていなかったのですが、そう言われるととても嬉しかったです。
笑顔って印象もいいですよね。
私がみんなからそう言われているのを聞いて母も喜んでくれています。
コンプレックスだった歯が今では自慢出来るものの一つになっています。
いろんな事にも前向きになっている気がして本当にやって良かったなと思います。



顎関節は、下あごと側頭骨(頭の骨)が噛み合って動く関節で、両方の耳のすぐ前に位置し、すべての顎運動の中心軸の役割を果たします。関節の間にあるディスクは、骨と骨の間のクッションの役割をするが、顎関節とディスクが様々な原因により異常が生じた場合、顎関節障害と呼ばれます。代表的な症状は、音と痛みです。口を開くたびに、関節からパチパチという音がしたり、食べ物を噛んだり、あくびをするとき両耳の前の下あごの骨が痛みます。症状がひどい場合は、口とあごの動きが制限されることもあります。突然口が開かなくなり、激しい痛みが伴います。このような場合、あごのみ現れるのではなく頭、首、肩などに拡散されます。福井の矯正歯科では、まず、口腔検診を介して歯の配列状態を把握します。関節症を悪化させる食習慣や歯ぎしり、歯の食いしばりなど他の要因があることを確認します。その後、原因と口腔検診の結果を総合して、症状に応じた治療を行います。矯正歯科 福井では、関節と歯の咬合を安定させ、顔、頭、首の筋肉を弛緩させるための矯正装置であるスプリントを使用します。スプリントは、3〜6ヶ月の間、口の中に装着することにより痛みを軽減し、歯ぎしり、歯の食いしばりを矯正する効果があります。より積極的な治療をするためには、歯の噛み合いを向上させてくれる歯の矯正治療が必要になります。


【最近気になっている事といえば】

友達の結婚式に出席してきました。本当に素敵な結婚式で幸せな1日を過ごす事が出来ました。新郎も新婦も同級生なので、結婚式と同窓会が一緒になった感じがして本当に楽しかったです。余興もみんなでやったのですが、練習の時からみんなのテンションはすごく高かったです。式場の雰囲気も本当によかったです!!私もこんな素敵な結婚式場 名古屋で結婚できるかな?なんて思いながら過ごしたのですが、結婚式場ってそこの会社がどんな感じなのかってのがすぐに分かってしまいますよね。以前会社の先輩が結婚式を行った所は本当に雰囲気が悪く、正直あまり楽しめませんでした。時間が迫っているからなのか、早く進行しようとしたりインタビューみたいなのを親戚の人に司会の人が聞きに行ったのですが「そうですか。ありがとうございます」だけ。先輩もちょっと後悔しているそうです。会場の雰囲気って本当に大切ですね。私がもし結婚できたら、ここで式を挙げることが出来て良かったと思えるような会場にしようと思います。また友達の結婚式があるので色々見てこようと思います。

ルイボスティーって言葉は聞いたことありますか?私は言葉だけですが知ってはいました。でも、何のことかわからず、飲み物かなってくらいの知識でした。ルイボスティーは、最近注目されているようです。まずは、カフェインが含まれていないということです。カフェインは習慣的に摂取すると内臓に負担をかけることがあり、興奮剤となるカフェインは心にも負担をかけることになりかねないということです。カフェインは、コーヒーや緑茶にも多く含まれているので、毎日大量に飲むと、カフェインの取りすぎになってしまいます。たくさん飲んでも体に影響がないルイボスティーが注目されているようです。さらに、ミネラルも豊富で、人間の体に必要なミネラルを食事や飲み物で摂取しなければならないので、ミネラルの摂取にルイボスティーは良いかもしれません。ルイボスティーのいろいろな成分によって、便秘や肌荒れ、アトピーなどの改善に役立っているようです。そこで、丹羽SODのルイボスティーは品質がよく、簡単に飲めるようになっています。一度試してみてはどうでしょうか。

私は、よく韓国ドラマを見ているのですが、韓国ドラマって恋愛ドラマが多いんですけど、だいたい、どちらかが大金持ちだったりするんです。男性の俳優さんが社長役で相手の女性は貧乏。とか。日本じゃありえない〜。って思います。まぁ〜。韓国でも実際はありえないのだと思いますけど。ただドラマを面白くするために、そんなセッティングにしてあるだろうけど。でも、そんな韓国ドラマを見ていると憧れてしまいますよね〜。玉の輿。彼氏に高級バッグを買ってもらったり。ブランド物の洋服をプレゼントしてもらったり。高級なアクセサリーをプレゼントしてもらったり。そんなことは本当に夢のような話です。そんな大金持ちの彼氏だったら一流ブランドの高級バッグのエルメス バーキンなんかも、ポーンっと買ってくれちゃうんだろうなぁ〜。絶対に持てないけどバーキン持ってみたいなぁ〜。凄く憧れますよね。高級バッグを片手に高級車に乗った大金持ちの彼氏に迎えにきてもらって車でドライブとか。やってみたいです。現実は、お金持ちは、お金持ちの人を選びますから、そんな夢のような出来事は起こらないんですけど。夢のような出来事を演じているから韓国ドラマは何だか見入ってしまうんでしょうね。

引っ越しするとなると、大量の不用品が出てきます。 長年同じ場所で生活していると、どうしても処分に困った物が溜まってきてしまいます。その地域ごとに、分別方法も違いますし、細かいもの分類が分からないままでは作業が進みませんでした。自分だけの力ではどうにもこうにもならない、引っ越しの荷物を詰め込む作業だけでも大変なのに、分別までしながらの作業は本当に気が遠くなりそうな作業で、終わりが見えないとてつもなく膨大な作業量で気が滅入ってしまいました。 こんな時、仙台 不用品回収の会社にお願いして、引っ越しの負担を減らしてもらうことができました。 さすがプロは違いますね。テキパキと作業を進めて下さって、本当に助かりました。 処分だけではなく、リサイクルすることも考えてくれるので、有難いものです。 専門の業者さんがいてくれたおかげで、引っ越しの苦労も随分軽く済みました。

世の中、最新のものを持っていたいと思う人がいるようだが、私はそうではない。 最新のものは機能がよく便利なのは良く分かる。 しかし、値段が高い!! 自分が必要だと思った時に、自分の予算で買える物を考える…。と、言うのが私の買い方だ。 しかし、身近な父、結婚した相手がかつては最新のものでなくては気が済まない人だった事が判明。 私はその話を聞いて、へぇ、そうなの?という程度。最新の良さが分からぬ人なのだ。 中古でも許せる物と、許せないものが人にはあるだろう。私も、最新の物に飛びつくわけではないが、型落ちでも新しいものがいいというものはある。何だろ、衛生に関わるものは、中古だと気になるのは確かだ。 中古洗濯機とかは洗濯層の裏がどのような状況になっているのか、分解され洗浄がしっかりされている事が分かればいいかもしれませんが、避けたいところです。中古ドライヤーや、コテも見かけますが、個人的にはパスしたい所です。新品でも、そこまで高い値段ではないものだからかも知れません。中古パソコンはどうだろうか。 問題なく使えるかも…。電話もきにならないかな。 結構、中古でいけるな♪

お墓に参る時には、お花やお線香を持って行くので、駐車場は広くて停めやすい方がいいですよね。停めた後に車のドアが開くのに気を使わなくてはならないのでは、大変です。 霊園 仙台の中の清雲院は、本堂は200年前の文化文政時代にに建てられた歴史ある建物ですが、駐車場も大型駐車場で広く、平坦で、お墓も日当たりがよく平坦でお参りしやすいと、友人と、お墓の話をしている時に教えてくれました。実家のお墓は、山沿いで急な斜面もあるし、お参りするのも一苦労…といった感じなので、お墓によって全然違うのだな…。と思いました。好きな場所選べるなら、私も平坦な場所がいいな。

探偵に依頼することなど、自分には縁のないことだと思っていましたが、探偵 三重では、運動会や行事の撮影代行も依頼出来るのだそう。 この依頼というのは、自分が仕事で子供の行事に参加できないから、依頼すると言うことではなくて、訳があって離婚などして子供と会うことが出来なくなってしまった人への…ということなのでしょうか。 自分の姿は見せられないけど、子供の成長した姿は見届けたい、そんな人が依頼するのでしょうか。 もし、私がそのようなことになったら、この事を思い出して、見たいけど見に行けない子供の行事の撮影をお願いしてみたいです。

子供は度々熱を出す。近所の小児科の駐車場が狭くて、連れて行くのがストレスだった事がある。道路から入ったらそのまま斜めに停めることしかできず、出易いように後ろ向きに入れ直すことが出来ないのだ。 子供が熱をだし、私も体調が良くなかった時にまずは子供を見てもらわなくては…と、でかけた医院の駐車場でのこと。どうしてそんなことになったのか、私も熱があって記憶がないのだか、他の車に当ててしまって、ゴツンと音がしたのだ。 「え?」 まさか?!車が無いことを確認して進んだ先に車があったのだ。私も熱があって、いつもの注意力が無かったのか…。 「外に出て確認、ウン、ぶつかってる!あ〜!!」 しかもお相手は国産車ではなく外車でした…。ボディー強そうだけど、凹んではいないが傷が付いている…。 謝らねば!! 子供は席に座らせたまま、院内に入り、受付の方に車番号と車種を伝えて持ち主を探してもらった。すぐに見つかり、事情を話して詫びた。どうやら、お父さんとお母さんが揃って子供さんを連れてきていたようだった。両親揃って、子供さんを病院に連れてくるなんて、珍しい家族だな…と思いましたが、そんなことより、修理の事を話さねば…そう思った時、 「大丈夫ですよ、うちの妻も随分あちこちでぶつけてるんですけど、直してないんで。」 旦那さんはそう言ってくれているが、それは奥さんが付けた傷だから許せるのでは?と思ったのと、私の気持ちが収まらなかったが、奥さんも、 「大丈夫です、大丈夫です。それよりそちらの車は大丈夫でしたか?」 なんていう人達!!この世に天使はいたのか?神様か?泣きそうになりました。 「お子さんが病気で大変な時に、本当に申し訳ございませんでした。もし、後でなにかありまして、修理されるのであればこちらにご連絡下さい。」 と、連絡先を渡して医院を後にしたのでした。 私も、こんなことがあったら、こんな風に言えるかな…。なかなか言えませんよ?傷つけられて、『大丈夫大丈夫って。』私は修業が足りない…。しばらく、そこの医院には行きたくありませんでしたものね。 現在の子供がお世話になっている、医院はとてもゆったりっとした駐車場 ライン引きがしてある。 子供を連れての受診となると、大きめの車で出ることも多い。見通しもよく、広々した駐車場で安心して停められるのが有難い。

LED照明ってものすごく明るいですね。直接見てはいけない太陽のように…。 最近の道路信号はほとんどがLEDのものになってきていますが、場所によっては昔ながらの少し位感じの信号の所もまだまだあります。夕方に東に向かって走っていると、夕日に信号が照らされて、何色の信号が点灯しているのかが分からない事がありましたが、最近のLED信号は夕方のまぶしい光で信号がてらされても、何色の信号が点灯しているのかが分かりやすいなって思います。電気の寿命が長いので交換の負担がぐっと減ったのと、消費電力が少ないのがメリットだそうですが、雪国ではLEDの照明になったことで、弊害があると言うのです。これは実際に設置してみないと気が付かなかったことかもしれませんが、LEDの性質を知っていれば気が付きそうなものなのですが…。 LEDは熱をわずかにしか発生させないので、信号機につもった雪が解かされないで、残ってしまい、信号機が真っ白という状況が起きるそうです。 雪国の信号は雪が貯まりづらいように縦型になってはいるようですが、吹きつける雪には無力らしい…。カプセルのようなカバーを付けたけど、やっぱり雪が付いちゃうらしい。 ヨーグルトのふたで、ハスの葉のように水が転がる性質を利用してふたにヨーグルトを付かなくして、開けるときふたにヨーグルトが付いていないといった技術を使ってはどうか…と、素人だから考えてしまうのだが、どんなものだろう。最近の新しい照明はLEDが主流だが、電子部品の世界でも同じくLEDが使われることが多いようで、その明るさの検査を機械を使って計測出来ると言うのをご存じだろうか。株式会社ニューリー土山で扱っているのだが、LED検査モジュールFINNというものらしい。株式会社ニューリー土山で扱っているその機械は、 検査の結果がパソコンに送信され、自動的に判断されるそうですよ。目視では見落としがちな欠陥を見つけることが出来るようなので、検査には是非取り入れたいですね。